このエントリーをはてなブックマークに追加

具体的な活用法

海外と日本での現状は

最近メディカルアロマという言葉をよく聞くようになりました。メディカルアロマテラピーとは精油(エッセンシャルオイル)を使用して、治療家の方には高濃度で使用した場合は治療として使え、一般の方には健康管理などから普段の生活の中で色々と使用できるものなのだそうです。海外ではメディカルアロマは公的な医療資格としてきちんと浸透しているものなのだそうですが、日本では長年民間療法として扱われ、公的な資格とは扱われてきませんでした。ですが、ここにきてようやく、メディカルアロマの重要性が理解され、注目されてきています。PMS、更年期障害に対するケアや不妊症などに活用されたり、うつ病や心身症の緩和に用いられたり、認知度はどんどん高まっている状況です。

メディカルアロマ

もしあなたが自分の体にアロマテラピーを取り入れてみるならば、アロマジェルを作りジェルを使ったケアをすることや、化粧水のように使用することもできます。また乳液や軟膏を作って、使用することもできます。また頭痛や風邪予防、便秘や冷え性、花粉症対策にも利用することができます。詳しいやり方は、インターネットで検索すると詳しく説明しているサイトがありますので参考にしてみるとよいでしょう。またもっとメディカルアロマを仕事などに生かしていきたいと思う方は、メディカルアロマの資格を身に着けることを目指してもよいかもしれません。基礎医学や医学関連知識、心理学、カウンセリング、マッサージ、薬草などの幅広い知識をもった人材が求められています。