犬の資格とは | プロフェッショナルを目指す|その道のプロになろう
このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の資格とは

ペット増加の背景にあるものとは

とある統計によると、15歳以下の子供の数よりも、犬や猫などのペットの数の方が上回るとされています。かつて、犬は番犬としての役割を担い、家の外で飼われることが一般的でした。しかし現在では、番犬として飼われる犬は減少し、愛玩犬として家族の一員の役割を担っています。特に顕著なのが、高齢者の世帯での犬の増加です。つまり、高齢者の多くがペットに癒しを求めているのです。こうした時代背景から、増加してきたペットの数ですが、今後さらに増え続けると考えられており、それと同時にペットに関連するビジネスの市場も拡大していくと期待されています。

ドッグトレーナー

犬などのペットを飼うことは、癒しや安らぎをもたらしてくれます。ですが、犬を飼うことはトラブルを生みだす可能性があることも忘れてはならないのです。近年のペットブームで、ペットの飼育ができるマンションなども誕生しています。マンションなどの集合住宅では、音や臭いなど様々なことが問題に発展します。特に犬の場合、無駄吠えや汚物の始末などトラブルになりやすく、飼い主側は注意が必要なのです。そんな中注目されているのが、ドッグトレーナーの存在です。ドッグトレーナーとは、犬にしつけをすることを仕事としています。主に、散歩やトイレ、留守番などのマナーを教えています。爆発的なペットブームを背景に、ドッグトレーナーを目指す人も増えているのです。ドッグトレーナーは資格の取得が必要な職業ですが、通信講座などで資格を取得できます。そのため、現在職のある人や、主婦など色々な人が挑戦できる資格なのです。ドッグトレーナーという資格は、今後も益々需要が高まるとみられているため人気なのです。