必要なこととは | プロフェッショナルを目指す|その道のプロになろう
このエントリーをはてなブックマークに追加

必要なこととは

アイリストの仕事内容について

ここ最近、特に人気が高いのがまつげに関するメイクです。 日本人などの東洋系は、比較的目が小さめでまつげも短めという人が多いとされています。 そのため、どうしても目の周りが地味で寂しげに見えるという悩みを持つ人が多いようです。 これを解消するには、アイシャドー等のアイメイクという手もありますが、マスカラやつけまつげといったまつげを強調するメイクも効果的です。 こうしたまつげメイクをもっと手軽に、かつキレイに行うのが目のケアのプロ「アイリスト」なのです。 アイリストは、人工的にまつげを増毛するまつげエクステや、薬剤でカールをキープするまつげパーマ・まつげカール等の施術を行います。 まつげメイクの需要が高まるにつれ、このアイリストの需要がますます高まっているのです。

アイリストになるために

まつげエクステやまつげパーマ等は、目の周囲に薬剤を使用することから、健康被害への考慮が必要です。 そのため、アイリストになるには美容師の資格が必須です。 美容師は国家資格であるため、美容師を養成するスクールに進学することがまず始めの第一歩となります。 スクールは全日制が一般的ですが、中には夜間部や通信制など仕事を持つ社会人向けのコースを設けたところもあり、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。 美容師の養成スクールとあって在学中はヘアメイクの学習が主となるため、まつげエクステ等の技術はスクールを卒業後、まつげサロンに就職してから先輩について学んでいくことになります。 また、最近ではアイリスト養成講座の開講が増えてきており、こうした講座に通って技術を集中的に学ぶ人も増えてきています。 まつげエクステ等の技術は、実践を重ねることが上達の近道です。 そのため、スタッフ同士や家族、友人などに練習台になってもらい、施術をすることで格段に上達するとされています。