初心者からプロまで | プロフェッショナルを目指す|その道のプロになろう
このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者からプロまで

彫金とは何かまたは何をするものなのか

鏨やヤスリを使い、彫って意図する形状を作ったり金属の表面に文字や模様を描いていく技術のことを彫金といいます。 彫金の技法には、透かしや彫り、打ち出し、象嵌などがあります。 主にアクセサリーといった装飾品や、仏具や家具の飾り金具などに使われます。 この技術は、趣味としても楽しむ人が多勢いる一方で、仕事としても使用されるので、職人は高度で正確な技術の向上を求められます。 彫金の技法は、独学での習得は難しいので、趣味で楽しむ場合も職人としての技術を習得するためにも多くの人が彫金教室に通っているのです。

彫金教室も通っています

彫金教室は、日本全国中にありますがその多くが初心者用コースと資格が取れるコースと職人が技術などの向上のためのコースに分かれています。 これは、講座の内容や技術の習得上当然のことです。 初心者と上級者では、教えることも違い教えられたいことも違っています。 しかし、彫金教室は、道具も揃っており最初の工程からわかりやすく教えてくれるので、初心者としては助かることが多いです。 彫金教室の良いところは、何も用意していなくても創作活動ができ世界に一つだけのオリジナルの作品ができることです。 初心者の講座を卒業したら、もっと上の講座を目指すことになるかもしれません。 自分で何かを作るというのは、考えていたよりもはまってしまうので、これがきっかけでプロの道を目指すというのもありえます。